酒田市の福祉住環境整理の事例紹介

酒田市の福祉住環境整理の事例紹介

*福祉住環境整理の事例紹介は、対応したケースに基づいて掲載させていただいておりますが、個人情報などを配慮し一部省略等しております。
また、実際のお部屋の状況写真はあえて載せておりません。不特定多数の方が閲覧するホームページなため、個人情報保護やプライバシーの観点から配慮させていただいております。
記載した他にも、様々な形でサービスのご提案をさせていただいております。
また、お客様のご要望やご意見を参考にさせていただきながら、日々見直しや改善をして成長していきたいと思っております。

文章だけで分かりづらいとは思いますが、ご覧になっていただければ幸いです。

酒田市の福祉住環境整理事例1 施設入所に伴いアパートの整理・処分

お客様:別居のご家族様
作業場所:独居ご高齢者様のご自宅(アパート)
作業期間:1日

[ご相談経過]

別居の息子さんからのご依頼でした。
1人暮らしをしているお父様が施設入所するため、アパートの退居に伴い、ご家族様だけで行うのは、時間的にも大変だということで、整理・処分をお願いしたいとのことでした。

[お見積り]

アパートの状況確認と息子様のご意向を再度確認しながらお見積をさせていただきました。アパートには長年生活されていたご様子で所狭しにギッシリと多くの物がありました。息子様はお父様が入所するにあたり、必要な物を整理してその後処分したいご意向でしたが、解約に伴いご家族様がなかなか時間を取れない現状もあり、お困りになっておりました。

[サービス内容]

1、入所に必要な物をご家族様と一緒に整理。
2.処分作業を住環境支援サービス庄内が全て行う。その際、重要書類や金品等も捜索する。
3、引き取りの対応

[作業]

作業できる日が限られていたため、まずはご家族様と一緒に入所に必要な物を整理しました。作業しながら通帳や印鑑、現金が見つかったためご家族様にお渡ししました。
その後、処分作業を専門業者とも連携しながら1日で対応しました。
未使用のYシャツや下着、靴下などがあったため引き取りさせていただき、後日社会福祉協議会へ寄付させていただきました。

[お客様より]

「相談の時から色々教えてもらって、家族でやらなきゃいけないことも手伝ってもらってありがとうございました。作業もスムーズで任せて良かったです。」と言っていただきました。

[考察]

施設入所に伴う整理・処分作業ということで、ご家族様を通してお父様のこれからの生活へのお手伝いが出来ました。ご家族様はお父様との関係や初めての施設入所ということで心理的にも大変なご様子だったため、そこを配慮しながら福祉住環境整理として関われたことは、とても意義があったと思いました。

酒田市の福祉住環境整理事例2 入院そして施設入所に伴うご自宅(ゴミ屋敷)の整理・処分

お客様:県外にお住いのご家族様
作業場所:独居ご高齢者様のご自宅及び蔵、倉庫
作業期間:3日半

[ご相談経過]

地域包括支援センターからのご相談・ご紹介で、1人暮らしをされていたご高齢の方が入院されたため、ご自宅の中を整理・処分してほしいとのことでした。ヘルパーやデイサービスを利用されており、担当者からお話をお聞きするには、足の踏み場がないほどに物が溢れ返っている状態とのことでした。また、県外在住のご家族様がいらっしゃいましたが、長年ご自宅の中に入れなかったご事情もあり、中の状況については全く分からないとのことでした。後日日程を合わせてご自宅にてお話をお伺いすることになりました。

[お見積り]

ご自宅に伺うと、先にご家族様がいらっしゃっており、「こんなゴミ屋敷の状態とは思いませんでした。何をどうしたらいいのか…」と途方に暮れているご様子でした。ご自宅内の状況は2階建ての住居、その奥に倉庫、そしてそのまた奥に倉庫兼作業場が続いていましたが、全てのお部屋(空間)がゴミで溢れている状態でした。
ご自宅の状況を見て、ご家族様は退院後ご自宅に帰すことはもう出来ないと思い、施設入所方針へと切り替え病院とも相談することになりました。

[サービス内容]

1、保険証や通帳、印鑑、金品などの捜索。
2、仏壇のみ残し、全てのものを処分。
3、買い取り、引き取り可能な物の対応。
4、施設や、病院の医療相談室の情報提供

[作業]

まずは、居室と寝室を中心に保険証や通帳等の捜索をご家族様と一緒に行いました。意外なところから保険証類だけでなく現金も見つかり、入所後にもまだ使えそうな衣類などを整理しました。
その後、処分業者とリサイクル業者と連携し、処分作業を行いながらリサイクルできるものも仕分けしていきました。物量が多いため、なかなか終わりが見えない状況でしたが、見積もりでは4日半かかる予定でしたが、3日半で終わることが出来ました。また、買い取りや引き取りできる物も多くあったため対応しました。
作業をしながら、ご家族様より施設や福祉制度のご相談もあり、病院の医療相談室のご紹介もしながら施設入所に向け情報提供をさせていただきました。

[お客様より]

「今回は入院ということでいいきっかけになりました。まさか自分の家がこんな状態になっているとは思ってもいませんでした。でも、親身になって色々対応してくれ、本当に助かりました。」と言っていただきました。

[考察]

事前に、物がかなり溢れかえっているとお聞きはしておりましたが、実際には想像以上の状況で、ここで生活していたのかと思うと、それぞれの経緯やその方の価値観などから否定や批判をするものではありませんが、ご家族様のお気持ちになると複雑な思いになる現場でした。
物量が多く、かなりの費用はかかりましたが、私どもも処分業者とリサイクル業者と連携しながらお見積りより少しお安い費用で対応出来きたことは、お客様の負担軽減にも繋がったため良かったと思います。また、相談支援の経験がある社会福祉士だからこそ、福祉の情報提供も含めご家族様にお話できたため、住環境支援サービス庄内の福祉住環境整理としての大きな特徴なのだと感じました。

そして、後日、
地域包括支援センターにも作業のご報告をし、社会福祉協議会に作業で出てきた未使用の衣服やバッグ、贈答品などを寄付させていただきました。
必要な利用者さんやバザー等の活動にお役に立てられればと思います。

 

*住環境支援サービス庄内では、社会福祉士、福祉住環境コーディネーター2級、遺品整理士(地区統括会員)の有資格者がお客様のお気持ちに寄り添いながら対応致します。また、関係機関との連携も必要に応じて対応致しますのでご安心下さい。
整理でお困りの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ先
0234-25-0411
電話でのご相談は24時間365日対応致しております。

著者について

administrator